トップページ > ヘルスケア IT > モバイルヘルスアプリ開発 > 事例1

事例1


糖尿病患者を対象とした血糖値管理アプリ&食事管理アプリを開発

糖尿病患者の記録用アプリとして、血糖値管理アプリ「ライフパレット ダイアベティス」と食事管理アプリ「ライフパレット 食ノート」を医療機器メーカーおよび製薬企業とのコラボレーションにより、開発しました。

1.血糖値管理アプリ

  • 血糖自己測定器とスマホをUSBデータ連携し、血糖値データをスマホ上でグラフでビジュアル化するアプリを開発
  • 自己管理ノート形式での表示も可能
  • スマホ上の血糖値データはクラウドと連携し、WEBブラウザでも参照可能
  • また血糖値データは、登録した医師向け(専用アプリを利用している必要あり)にもメール送信が可能

2.食事管理アプリ

  • 食事データベースと連携をし、食品名から栄養データを取得、記録するアプリを開発
  • 記録したデータは、摂取カロリーのみでなく、PFCバランス(※)での表示も可能
  • スマホ上の食事データはクラウドと連携し、WEBブラウザでも参照が可能

 

(※)PFCバランスとは

私たちの健康を維持していく上で、栄養バランスを考えた食事がとても大切になります。特にエネルギー源となる三大栄養素、タンパク質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の頭文字をとった、PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。PFCバランスは、栄養の質を評価する指標のひとつであり、理想的なPFCバランスの割合はタンパク質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。