トップページ > ヘルスケア IT > ヘルスケア・システム・ソリューション・サービス > 事例2

事例2


在宅医療に携わる薬剤師を支援する「訪問薬剤師支援システム」

訪問服薬指導を行う薬剤師が訪問先の患者宅や介護施設でも、これまでの処方履歴や体調などの記録を参照したり、訪問先の移動時間などを使って訪問記録を行うことができるようにする訪問薬剤師支援システムを構築しました。

特長1:現場ヒアリングを通じた要件定義支援

  • 在宅医療に関わる薬剤師への業務ヒアリングを通じたアプリ要件定義の実施
  • 訪問訪問計画書(薬学的管理指導計画書)の作成、訪問時の残薬記録やADL(日常生活動作)・疼痛などの記録、訪問報告書(在宅患者訪問薬剤管理指導報告書)の作成が可能な仕組みの実現
  • 医師ヒアリングなどを通じた電子カルテ連携の仕組みの実現

特長2:医療クラウド活用

  • 医療情報である調剤情報が格納されることから、3省4ガイドラインに沿った医療クラウドを構築
  • クラウド上に情報を格納するにあたっての契約書等の見直し支援

特長3:タブレット向けアプリ開発

  • タブレット端末を活用して、場所を選ばすにデータ参照・記録を行うシステムを構築
  • タブレット紛失時などを考慮した端末管理の運用フローを設計支援