トップページ > ヘルスケア IT > ヘルスケア・システム・ソリューション・サービス > 事例1

事例1


継続ドライバを検証する「体重管理サイト」

単に食事メニューや運動の機会を提供したグループと、「継続ドライバ」と言われる要素をWEBサイトを通じて提供したグループではどのようにその継続率が異なるのか。利用者の開始フローからWEBサイト上で提供するサービス、そして提供後における運用までを一括で提供しました。

特長1:ピア・サポート

  • SNS機能を会員に提供することで、メンバー同士で励まし合いながらプログラムを継続してもらう仕組み
  • 家族や友人を登録すると定期的にメンバーの活動状況がレポーティングされ、家族や友人から励まされる仕組み
  • 自分と似たような状況のメンバーが表示される仕組み

特長2:ピア・プレッシャー

  • 現在の歩数などが順位で表示される仕組み

特長3:データ管理

  • 歩数計と体重計を機器間でのデータ自動連携することで、データ記録の手間を最小化
  • 記録したデータをグラフ上に見える化し、目標値との差分を表示

特長4:ポイント

  • 体重管理プログラムに頑張るとポイントが蓄積
  • そのポイントを寄付などに使える仕組み

特長5:パーソナライズ

  • 個人ごとに付いたパーソナルトレーナーが週ごとに小さな目標を設定
  • その目標の達成状況や体重の増減、目標体重との差などから、その人にあったアドバイスを実施