特長1:バイタルデータ管理

特長1:バイタルデータ管理

スマホアプリ(からだパレット)において登録したかかりつけの医療機関に対して、患者さまが記録したバイタルデータを公開することが可能!

  • 患者さま向けの医療機関登録用QRコードを発行可能です。
    患者さまは、このQRコードによって医療機関を登録することで、その医療機関と情報を共有します。
  • 医療機関で参照可能なデータは、体重、血圧/脈拍、血糖値、体温、心拍数、歩数、検査値です。
    アプリ上において各データは、iPhoneではHealthKitとも連携をしています。
    Androidでは歩数と体重データのみがGoogleFitと連携をしています。
  • スマホアプリでは、ニプロ社のCareFast LinkとBluetooth通信による血糖値データの連携をサポートしています。
  • 患者さま自身で記録した検査値に加え、薬局で測定したデータを参照することも可能です。(※)
    (※)ロシュ・ダイアグノスティックス社のcobas b101で出力されたQRコードを読み込んだ場合。
  • 医療機関側では、グラフ形式とログブック形式での参照が可能です。