特長2:コミュニケーション機能

特長2:コミュニケーション機能

登録されている医療機関とは、双方向でのコミュケーションが可能!

例えば、今回測定した患者さまの検査結果のデータを次回来院前にお伝えしたい、次回来院時に質問をしたい内容を患者さまから聞いておきたいなど、診察時間をより有効的に使うための新たなコミュニケーション手段としてお使いいただけます。

  • チャット形式での双方向によるコミュニケーションが可能。
  • コミュニケーション負担が大きい場合には、医療機関側からの情報提供のみ、患者さまからの情報受付のみ有効にするなどの設定変更も、医療機関によってお選びいただけます。