特長1:患者さんの記録データ参照

特長1:患者さんの記録データ参照

アプリで記録したデータの参照機能

患者さんが日々記録したデータをタブレット端末にて参照できます。

記録データを患者さんと一緒に見ながらコミュニケーションが可能!

例えば、血糖値の値が高かった日の食事データを参照してアドバイスをする、血圧の数値と食事の塩分量の推移を見ながらアドバイスをするなど、データをもとに、より患者さんの日常生活に寄り添ったアドバイスが可能になります。

➡ 必要に応じて、患者さんに適するお勧め商品をiPad上で紹介することもできます。

 

患者さんの各目標値を設定可能!

体重・血圧・血糖値・歩数などのほか、摂取カロリーや塩分などの目標も設定可能です。これまでのデータを見て、患者さんと相談をしながら目標値を設定できます。

➡ 設定した目標は患者さんのアプリ画面に反映されますので、日々の記録の際に確認し行動目標にしていただけます。

 

患者さんはスマホアプリにて次のような記録ができます。

血糖値、血圧、脈拍、体温、体重、歩数、心拍数、検査値について、患者さんご自身がアプリに記録します。
各種測定機器やヘルスケアアプリとの連携により、簡単に記録が行えます。

食事の写真、カロリー、栄養素、運動などを記録します。