服薬期間中フォローアップ機能<新機能開発中>

服薬期間中フォローアップ機能<新機能開発中>

患者さんへお薬を渡した後に、電話でフォローしなければならないのか?
また患者は「この症状ってちょっと気になる・・・」と感じたとしても、その都度薬局あてに電話をかけてくるのか?

電話というコミュニケーション手段はとても便利ではありますが、話し相手である薬剤師に対して「本当に思っていることを話してくれるだろうか?」という疑念はないでしょうか。

スマホ普及率も大きく高まる中、電話というコミュニケーションはもちろん残しつつも、服薬期間中におけるフォローメッセージがプッシュ通知で送られてくる、さらにメッセージ入力や項目選択だけで簡単に応答できるといった新たなコミュニケーション手段は、電話では直接答えにくかったことを伝えられる、伝えた内容はすべて記録されるなど、新たな付加価値をももたらすと考えています。

当社が現在開発中の服薬期間中フォローアップの仕組みでは、あらかじめ作成したメッセージ内容を、設定したタイミングにて患者の薬局パレットアプリに送信します。またアプリ上では必要に応じて回答をしていきます。

そして処方箋QRコードを読み込み、あらかじめ決めたお薬や、お薬から想定される疾病名があったときには、フォローアップ対象であることをおすすめテンプレートを推奨するといった、負荷軽減機能も開発中です。(2020年2月リリース予定)

また今後はSMSメッセージによるフォローアップや、LINEアプリでのフォローアップなども対応をしていきます。(2020年3月リリース予定)