Healthcare Security

ヘルスケア領域におけるデジタル化が進むことによって、様々なデータがクラウドには蓄積することになります。またヘルスケア・データは機微情報であるため、これらの機微情報データを守るために、アプリケーション開発の視点、クラウド環境の視点、そして運用の視点において適切なセキュリティ対策を行う必要があると考えています。そのためには厚労省・総務省・経済産業省が提供する3章3ガイドラインである「医療情報ガイドライン」に沿ったセキュリティ対策をベースとして、対応をしていく必要があると考えています。本サービスでは、当社がこれまでのシステム構築経験などで得たセキュリティ対策でのノウハウをベースに、セキュリティ対策支援をさせていただきます。

ヘルスケアセキュリティサービス

セキュリティ・アセスメント

3章3ガイドラインに記載されているセキュリティ対策について、当社が保有するチェックテンプレートをベースとして、現在のセキュリティ対策状況についてのアセスメントを行う支援を行います。

セキュリティ設計支援

既存システムがある場合には必要となるセキュリティ対策案の提示を、新たなシステム構築を行う場合にはアプリケーション開発の視点、クラウド環境の視点、運用の視点からの対策案をご提示させて頂きます。具体的な設計まで支援することも可能です。

セキュリティ運用支援

WAF(Web Application Firewall)やIDS(Intrusion Detection System)などの導入後の運用や、クラウドにおける監視運用なども対応させていただきます。