Healthcare SI

スマートフォン/IoTやクラウド技術の浸透に伴って、WEBシステムに限らず、スマートフォンアプリやウェアラブルデバイス連携、そしてAIによる画像解析やブロックチェーン活用など様々な技術が出てきています。ヘルスケア領域において、このような様々な技術を取り入れたシステム設計を行いつつ、具体的な画面設計から、UI/UXを踏まえたデザイン、そして医療情報ガイドライン等のセキュリティ対策を踏まえたシステム設計、WEBにもスマホアプリにも対応したシステム開発から試験、運用までの一気通貫での支援をさせていただきます。
必要に応じて当社のPHRコミュニケーション・プラットフォーム「ライフパレット・プラットフォーム」などの自社サービスプラットフォーム(※)を活用したシステム構築もご提案させていただきます。

ヘルスケア領域におけるレギュレーションなどを考慮し、システム要件定義から基本設計、UXデザイン、スマホやWEBの開発、クラウド構築、運用に至るまでをワンストップ・サービスにてご提供します。

事例1:IBD患者向けアプリ「IBDホーム」

潰瘍性大腸炎、クローン病の患者の日々の体調を記録し、その情報を医療従事者と共有できるシステムです。ライフパレット・プラットフォームを活用し、実現をしています。

ニュースリリースへ

事例2:健康経営用サービス「Vital Action」

ICカードで社員認証をし、事業所に設置した血圧計や体重計とデータ連携することで従業員のデータを一括で管理することができるシステムです。A&D社のライフレコーダーや活動量計との連携も実現しています。

事例3:成長曲線アプリ「すくすく成長曲線」

日々の子供の身長や体重を記録し、成長曲線グラフとして表示するシンプルなアプリ です。シンプルな機能な故に、ユーザーインタフェースをシンプルにし、操作性に重点を置いています。

プレスリリースへ

事例4:電子版お薬手帳システム

スマートフォンアプリとクラウド環境を活用し、電子薬歴システムとの自動連携を行う電子版お薬手帳サービスを、日本調剤様向けに構築しました。

ポータルサイトへ

事例5:訪問薬剤師向けシステム

電子薬歴システムとの自動連係を行い、訪問薬剤師が訪問先で薬歴を確認したり、訪問報告書を記載することで、自動的に薬歴システムにデータ連携する仕組みを日本調整様向けに構築しました。