Healthcare UI/UX

デジタル化の進展・浸透によって、これまではITと縁が薄かった患者、そして一部しか利用していなかった医療・介護従事者も、デジタル活用の輪の中に入れる状況になってきました。これまでのような機能をどう提供するのかという機能中心型での画面設計ではどうしても操作性(ユーザビリティ)は犠牲になってきていたと考えています。
また機能をその時に利用するという視点でした。デジタル化を進める上では、サービスを認知してから利用を継続利用するまでのサービスとのあらゆるタッチポイントを意識したユーザ経験(User Experience)に基づく設計が必要と考えています。そのためには、システムの特徴を捉え、そして利用者側からの視点を踏まえたUX設計を支援させていただきます。

ヘルスケアに参加する敷居を下げられるよう、システムデザイン面、そしてシステムと連動させた紙資材における支援を行います

スマートフォンアプリ画面デザイン

基本設計フェーズで作成されたワイヤーフレームからスマートフォンというデバイスおよびOSの特徴をとらえた操作しやすい、わかりやすい画面デザインを行います。

WEB画面デザイン

WEB画面デザインを行うのみでなく、操作しやすいHTMLコーディングまでを行います。またパソコン画面やスマホ画面、タブレット画面などのマルチデバイスを考慮したレスポンシブデザインを行います。

紙資材デザイン

システムが実際に利用されるためには、その説明資材なども重要になってきます。実際に作成されたシステムが利用しやすいように、説明資材も利用者にわかりやすいように、システムの特徴を捉えた紙資材を制作させて頂きます。